経済活動

お金の上手な使い方を考える【自己投資という考え方】

 デジタル介護士 ぱんあた(Panda attack)です。

 今回は、2日前に投稿したお金の上手な使い方を考える【浪費を抑える方法】と併せて考えたいテーマ【自己投資という考え方】についてです。

 前回は浪費を抑えるという観点からお金の使い方について考えましたが、今回は将来に役立つ見込みのある自己投資という観点からお金の使い方について考えたいと思います。

 まずは、【自己投資】とは何かを一緒に考えましょう。

 自己投資は成果主義?

 浪費のように有形の物にお金を使うのとは異なり、自己投資は無形の物であることが多く、自分自身の成長のために時間やお金を使うことを指します。

 他人が浪費と思うものでも、本人が投資と思えばそれは投資になります。

 投資の定義は曖昧で、趣味にお金をたくさん使っていても、それがビジネスに結び付けば、結果的にそれは自己投資だったと言えるようになります。

 逆に、英会話レッスンに通っても、日常的に英語を使わないのであれば浪費と言われても仕方ありません。

 つまり、自己投資の定義は成果として実を結ぶかというところが大切になります。ただし、成果にこだわると厳しいものになるので、日常生活に少しでもプラスになれば自己投資できたと前向きに考えましょう。

 自己投資のいろいろ

 自己投資は自身の考え方次第です。次に挙げる物も自己投資と言えるかもしれません。

 体のメンテナンス

 体が資本とはよく言ったもので、体調が悪いと持ち前のパフォーマンスを発揮できません。

 温泉やマッサージに行って疲労回復に努める、少し割高でも体にいいものを食べる等も自分の体への自己投資になります。

 本を読む

 興味のあるジャンルの本を読んでみるだけでも、何か新しい発想のヒントを得られて日常に生かせるかもしれません。それだけでも十分な自己投資です。

 旅行をする

 知らない街の新しい文化に触れることで経験値を増やせるかもしれません。また、新しい人との出会いも自分自身を成長させるきっかけになります。

 同僚・友人にご馳走する

 同僚や友人と食事の機会を作って意見交換を行うことで、気付きや発想を得ることで、それを日常生活で生かすことができます。また、円滑な人間関係も期待できます。

 服や靴を新調する

 服や靴を新調することで気分を上げる、気を引き締める等のメンタル的な効果が期待できます。

 時間を買う

 新幹線ではなく飛行機を利用する、私鉄ではなくタクシーを利用するなど、目的地にたどり着くまでの時間を最短にすることで、移動の疲れを軽減し時間を有効に使えるようにします。

 経験を買う

 旅館などで最上級グレードの部屋に泊まるなどの経験から、最上級グレードの部屋の接客を学ぶことができます。また、話のネタにもなります。

 番外編:お金をかけない投資:たくさんの失敗

 人間は失敗に向き合うことで成長します。たくさんの失敗は成長のために必要な経験となります。そういう意味で失敗の経験も自己投資となります。

 自己投資には主体性が大切

 浪費 or 投資に関わらず、お金を使うことには主体性を持つべきであると思います。どうしてお金を使ったのかに対して、『私は』が主語になるような答えじゃないとお金を上手に使えているとは言えないのではないでしょうか。

 どうしてお金を使ったのかに対して、『服が』、『英会話が』が主語になってしまうとそのあとには、

 『服が安かったから』

 『英会話が楽しそうだったから』

 くらいしか浮かびません。

 『私は服を買って、英会話を習って、どんな自分になりたいのか。』まで考えられると、それは将来的に自己投資になる可能性があると思います。やはり、お金を使うことには主体性を持つべきです。

 まとめ

 お金の上手な使い方を考える【自己投資という考え方】いかがでしたか?

 自己投資とは経験を買うことです。

 しかし、どのような経験が将来に影響を及ぼすかわからないというのが本当のところなのかもしれません。

 インターネットで世界中の人々の距離が近くなりました。自分の好きなことをとことん追求して発信してみるのもひとつです。とんでもないビジネスに結びついて、振り返ればあれは最高の自己投資だったということもあるかもしれませんね。