趣味

意図的に虹を作る方法

 デジタル介護士 ぱんあた(Panda attack)です。

 最近、天気が不安定で雨が降ったかと思えば、一気に回復して太陽の光が降り注いでいる…ということが多いのですが、その時に空に立派なアーチを架ける虹がよく出現します。

 虹を見ることができたら、ちょっとハッピーな気持ちになりますよね。

 と、言うわけで今回は意図的に虹を作る方法について考えていきます。

 虹の正体

 まず、虹とは何ぞや、その正体は?ということについて触れておきます。

 虹とは太陽の光です。太陽の光が水滴に差し込み、水滴の中で反射・屈折することで七色に分かれて見えているのです。

 では、どうして七色に分かれるのかですが、光は波長によって屈折率が異なるので、赤、橙、黄、緑、青、藍、紫の7色に分かれるようになります。

 虹ができる条件

 続いて、虹ができる条件ですが、『太陽の光が水滴に差し込む』ことが条件になります。

 したがって、虹が出現するには太陽の光と水が必要ということになります。

 自然現象で言えば、雨が降った直後に太陽の光が地上を照らせば虹が出現することになります。もし、雨が上がっても太陽の光が差し込まなければ、虹は現れることがありません。

 また、虹は太陽が照らす方向に現れるので、朝方なら西の空に、夕方なら東の空に現れます。

 虹の作り方

 虹の正体と出現する条件を理解すれば、水と太陽の光で簡単に虹を作ることができます。

 日差しの強い日にじょうろ、霧吹き、または水道とホースを準備すれば虹作りの始まりです。
 まずは、太陽の光を背にします。

 続いて、じょうろ、霧吹き、または水道とホースで細かい水をたくさん出します。
 たくさん水を撒いた後に水滴のあたりに太陽の光が当たると虹を見ることができます。

 太陽の位置が高いお昼前後だと見えにくいこともあるので午前中や夕方にやってみるのをおすすめします。

 まとめ

 意図的に虹を作る方法いかがでしたか?

 本来ならサプライズの要素が強いので偶然に見ることができればその方が幸せな気持ちになるかもしれませんが、もし、お子様がいらっしゃれば、偶然を装って見せてあげられたら喜んでくれるかも知れません。

 そして、私たちも夕立の後の虹を見て、夕立が必ずしも悪いものではないということを改めて思い出すきっかけになればいいと思います。

 最後にサプライズの虹が見たいなら、午前中なら雨上がりの晴れ間に西の空を、夕方なら雨上がりの晴れ間に東の空を見てください。