趣味

もう怖くない!!高速道路の走り方

 デジタル介護士 ぱんあた(Panda attack)です。

 都会では電車での通勤だったので、車に乗る機会はほとんどなかったのですが、現在は田舎暮らしということもあり、車は生活に欠かせないもののひとつとなっています。

 30歳を過ぎてペーパードライバーとして運転を始めたので、最初はちょっと近くに出かける時でも緊張していたのですが、さすがに通勤や買い物での運転には慣れてきました。

 そして、最近になってやっと高速道路の運転にも慣れてきたところです。ただし、普通の道路と同じ感覚で走るととても危険です。

 そこで、今回はみなさんも知らず知らずのうちに体得している技術である高速道路を安全に走るコツを一般道から高速道路に入る工程毎に考えていきたいと思います。

 ETC通過から上りと下りの分岐まで

 まずは、インターチェンジのETCゲートを通過する所から本線に合流するまでの注意点を考えていきます。

 インターチェンジの入り口には紫のETCゲート紫・緑のETC・一般ゲートがあります。ETCカードを挿入しているなら、紫のETCゲートからインターチェンジに入るようにしましょう。

 ここでは入るゲートをすばやく決めることが重要です。迷ってゲートを変更すると、後続車と接触する原因になります。

 入るゲートを決めたらゲートに向って時速20km以下で進入します。進んでいるとゲートが開きますので、そのままの速度で通過しましょう。ゲートを通過した後は、隣のゲートを通過した車と接触しないように注意しながら進みましょう。

 次に、インターチェンジのゲートを通過すると、上りと下りの分岐があります。分岐の前には必ず○○方面と標識があり、分岐の直前にも道路に○○方面と書かれています。最初にある標識を確認し分岐のどちらを進むのか必ず把握しておきましょう。

 いよいよ本線合流

 初心者や高速道路を走り慣れていない人の多くが本線への合流に対して苦手意識を持っているようです。

 私自身もそうでした。最初の頃は本線を車が走っていませんようにと願うばかりでした。

 では、本線への合流方法ですが…普段の運転ではなかなかしないことをする必要があります。それは合流前の加速車線でしっかりと加速をすることです。

 普段の運転ではしっかり加速をするなんて慣れてないから怖い…

 その気持ち、よくわかります。

 しかし、本線を走る車と同じくらいのスピードを出さないと高速道路の流れに乗ることができません。思い切って加速をしましょう。

 コツとしては、まず加速車線に入った時点で右にウィンカーを出します。ウィンカーを出すと同時にアクセルをしっかり踏みこんで、目視やミラーを用いて本線の車の流れを確認します。

 そして、”この車の前に入る!!”、”この車の後ろに入る!!”とポジションを決めて、本線の車の流れに合わせてアクセルを調整しながらタイミングをとって本線へ合流します。

 なお、田舎の高速道路では車間が十分に取れるくらいの交通量なので、本線を走る車と合流する車のタイミングが重なった場合、たいていその時だけ本線を走る車が追い越し車線に入ってくれます。ベテランのドライバーさんに感謝ですね。

 本線に入ったら

 まず、本線に入ったら左側の走行車線を走るのが基本です。右側は追い越し車線となり、文字通り追い越すときの車線になります。速度を出すのに慣れていない人は左側の走行車線を走っていれば、右側からどんどん追い越してくれるので、自分の運転にも集中できると思います。

 そして、走行車線を走る時に注意したいのは車間距離です。高速道路でも一般道と同様、車間が近いと事故の原因になります。前方の車が急ブレーキを踏むことも十分に考えられます。高速道路では一般道以上に長く車間距離を取るようにしましょう。

 もうひとつ、走行車線を走る時に注意したいことがあります。それは、一定の速度で走ることです。

 そこで、気に留めておきたいのが高速道路にも傾斜があるということです。アクセルの踏み方を固定していても、傾斜によって速度がかわってしまい、前方の車との車間が近くなると危険です。スピードメーターを確認しながら運転するように心掛けましょう。

 左からの合流車両にも気を付ける

 本線を走っているのですから、もちろん合流してくる車への配慮も考えなければいけません。

 加速車線に車が現れたら、合流時と同様に、その車がどれぐらい加速をしているのかを確認し、”この車を前に行かせる!!”、”この車を後ろ生かせる!!”とポジションを決めてアクセルを調整しながら運転しましょう。

 まとめ

 高速道路を安全に走るコツを考えてみましたがいかがでしたか?

 今回は初心者向けに記事を書いたので、追い越しのコツは省いています。追い越しせずに前方の車との車間を十分に取って、余裕を持って安全に運転してもらえればと思います。

 高速道路の運転も慣れれば楽しいものです。山々や都市の美しい景色、サービスエリアの充実した施設など一般道にはないものがたくさんあります。

 それらが楽しめるようになれば高速道路の運転も慣れたと言えると思います。それでは、身の丈に合った安全な運転をしていきましょう。